モフモフ社長の矛盾メモ

ヒゲとメガネとパンダと矛盾を愛するアーガイル社のモフモフ社長が神楽坂から愛をこめて走り書きする気まぐれメモランダム

はてなブクマカーのGW@クラフトビール新酒解禁祭り2018

高田馬場ベルサール早大理工近く)で、「クラフトビール新酒解禁祭り」を開催中なので、行って来た。

f:id:shields-pikes:20180501163131j:image

 

地下ホールに、クラフトビールB級グルメ的なブースが40以上あって、人もほどほどに少なくてすぐに買えるし、素晴らしい。

 

f:id:shields-pikes:20180501163313j:image

千円で5種の飲み比べとかもある。

 

徒歩3分の別会場である芝生ガーデンでは、ビール買ったらレジャーシート無料貸し出しで、天気もいいし、人も少ないし最高すぎる。ここで飲みながらはてブを嗜むのが、はてなブクマカーのGW。

 

f:id:shields-pikes:20180501163519j:image

いい気分で飲んでたら、強風でビールのプラカップが倒れて、背中と尻がちょっと濡れて、おもらし感が出てしまったのは秘密だ。

 

最後は、はてブでも話題になってた高田馬場の焼きそば専門店「みかさ」に行って、感動のフィナーレ。

f:id:shields-pikes:20180501163646j:image

 

これがGWだ!

 

6日まで開催。おすすめ。

クラフトビール

 

美味しかったです。

手打ち麺やきそば専門 真打みかさ 本店 - 高田馬場/焼きそば [食べログ]

読み終えない読書のススメ ~ 4つの全く異なる読書スタイル ~

こんな記事を読みました。

知的戦闘力が低い人ほど"1冊を読破"する | プレジデントオンライン


個人的には、知的戦闘力(笑)なんて意識せずに、学生時代からこの記事に近い読書の仕方をしてました。特に「OSとアプリ」の例えは、かなり本質に近いかと。

 

4つの全く異なる読書スタイル

以下は、自分の読書の4つのスタイルです。

 

  1. 基礎的な教養と思考法を身につけるための、普遍的な古典名著と哲学思想系の読書
  2. インスピレーションと考え方の多様性を得るための読書
  3. 特定のテーマに関する知識を最短距離で把握する「情報収集&土地勘をつけるため」の読書
  4. 好きな本を楽しく読む、娯楽のための読書

 

それぞれ詳しく説明します。

 

1. 基礎的な教養と思考法を身につけるための、普遍的な古典名著と哲学思想系の読書

1.は、中高時代と文学部だった学生時代に乱読して、思考体系の構築を終えているので、今は最新の思想トレンドやかつては存在しなかった思想テーマに関するアップデート程度で済みます。

ここが出来てないとどんなにインプットしても、頭の中にそれらを整理して仕舞える「本棚」がないので、自分が使える武器(知恵)として根付かなかったり、逆に変に染まりやすかったりするのではないかと。若い時に読書習慣がなかった人は、まずは古典や思想哲学の名著ばかりを読みまくるのをお勧めします。

 

2. インスピレーションと考え方の多様性を得るための読書

2.は、深く考えるとっかかりを得ることが目的の読書です。自分的に気になる一文に出会ったら、そこで思索に入ります。読書時間の10倍くらいは考えるので、全く読書が進みません。基本的に通読しません。

 

3. 特定のテーマに関する知識を最短距離で把握する「情報収集&土地勘をつけるため」の読書

3.は、書店や図書館をそぞろ歩きつつの立ち読みで終わることもあるし、同じテーマで視点の異なる本を数冊買って斜め読みすることも多いです。もちろん情報収集の中には、ネット検索やネットで検索可能な情報(統計データ、論文、特許情報など)も含まれます。

 

4. 好きな本を楽しく読む、娯楽のための読書

4.は単なる趣味です。個人的には、小説、漫画、アニメ、映画、ゲームなどのメディアを問わずに楽しみます。自分は、定期的にストーリー要素を摂取しないと死ぬ病なので、最近は忙しいこともあって、良質な物語を短時間で摂取する効率がいい漫画と映画に偏りがちです。

 

ビジネス自己啓発本の罠と「読み終えない読書」

注意すべきは、いわゆるビジネス本や自己啓発本です。著者の主張(数行で終わる)を各種文献や事例で必死で裏付け、時間をかけて読者を説得するために紙幅を費やしている書籍がほとんどです。

思考体系の構築を終えずに、新しい切り口の啓発本ばかりを通読し、他人の雑な思考体系を全く土壌の異なる頭に完コピしてしまう読書は、むしろマイナスになることも多いのではないかと思います。ビジネス本や自己啓発本は、2.のスタイルで、インスピレーションを得るために拾い読みをするくらいが丁度いいかと。

 

最近は本を買っても読み終えないことが多いけど、思索のきっかけになるので、それでいいと思ってます。みんなの読書スタイルが気になるので、ブログやブックマークコメントなどで教えて欲しいなー。

小型で持ち歩けるMacbook ProやノートPC用のUSB充電アダプター候補を執拗に探してみた

小型で持ち運びしやすいMacbook Pro用のUSB充電アダプターが欲しくて、個人的に調べたのでブログ記事にまとめておく。USB接続なので、それぞれのコードさえあれば他のノートPCやタブレット用にも使えると思う。

Apple純正の充電アダプターは、全部デカくて重い。あと高い(8,560円)。

アップル 61W USB-C電源アダプタ MNF72J/A

アップル 61W USB-C電源アダプタ MNF72J/A

 

 

純正じゃない安いアダプターもある(3,200円)。

でもデカくて重いのは変わらない。だから毎日持ち歩くとつらい。

 

代わりに使える、スマホ用やタブレット用の小型アダプターは無いか調べてみた。純正(61W)と同じ充電速度じゃなくても、とりあえず作業をしながら充電できるパワーがあればOKというスタンス。

※ちなみに、この記事で検証するMacbook Proは、Early 2016 13インチ Touch Bar搭載モデルです。

 

電力について調べてみた

まず、Macbook Proは使用時に何W消費していて、使いながら充電するためには何Wの電力が必要なのか調べてみた。結論を急ぐ人は次の章まで飛ばしてOK。

 

Macbook Proの消費電力は、ざっくり以下の感じらしい。

  • アイドリング状態 : 3W
  • Youtube閲覧時  :  8W
  • 重めの画像処理時 : 15W

 

ちょっと脱線するけど、内蔵バッテリー容量は49.2Whなので、それぞれの状態で、ざっくりこのぐらいもつ。

  • アイドリング状態 : 16時間
  • Youtube閲覧時  :  6時間
  • 重めの画像処理時 : 3時間

 

iPhone用の充電アダプタだと、USB Type Cでつないでも、充電すらできない理由がわかった。iPad用だと、アイドリング状態なら少しは充電できそうだ。

  • iPhone用アダプター「Output 5V-1A」= 5W
  • iPad用アダプター「Output 5.1V-2.1A」= 10W

 

少なくとも15W以上のアダプターにつなげば、急速充電はできないが、重い処理をしてる時以外はバッテリー減らないし、多少は充電できるということだ。

 

15W以上で小型のアダプターを探せ!

まず、買わずに済む、手元にあるアダプターを探してみた。

Kindle用のアダプターは8Wだった。
iPad用のアダプターは12Wだった。

ちょっと足りない。やっぱり買わないとダメか……。

 

Amazonで探した中から、小型サイズのものを選んでみた。
ちなみにAmazonのレビューをざっと読んで、あまりにひどかった商品(不良品が多いもの、日本人のレビューが無いものなど)は基本的に載せていない。

15Wの小型アダプター  

 15Wの小型アダプターで、まともそうなものは少なかった。評判の悪いアダプターは、これ以外に数個あった。

 

 20〜23Wの小型アダプター  

 20Wのアダプターで、まともそうなのはこれくらい。デザインが……。
あと、複数ポート無くていいから、小型化してほしい。

 

これは21W、レビューが0件だし安すぎるので不安だけど、形状やサイズ的には希望にドンピシャだったので載せてみた。買って人柱になってみようかな……。

【追記】よく読んだら2ポート合計で21Wということなので、実質10.5Wのようだ。こんなサイズと値段になるわけがない。勉強になった。

 

24Wの小型アダプター 

この辺から、まともそうな商品群が増えてくる。層が厚い、というやつだ。Macbookで使えた、とレビューに書かれてるものもある。かなり小さいのもある。

 

30W〜40Wの小型アダプター

30W以上のコーナーは電力が大きい順に並べてみた。

40W近くて予想以上にサイズの小さなモデルもあるが、価格的にもサイズ的にも、レビュー内容にも、不安が残る商品が多かったので省いている。ご利用は自己責任で。

 

 36W

 

 33W

 

 30W

UGREEN USB急速充電器 Quick Charge 3.0 2ポート 30W ブラック

UGREEN USB急速充電器 Quick Charge 3.0 2ポート 30W ブラック

 

 

きりがないのでこの辺で終わりにするが、かなり迷う……。

これらのアダプターの中から、実際にいくつか買ってみて、ちゃんと使えるかどうかをこの記事で追記して行きたいと思っている。

 

今回の記事で、参考にしたサイト

新型MacBook Proに、iPhoneの充電器・モバイルバッテリーは使えるか? - 子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

MacBook(Early 2016)の消費電力を測定してみた - Hiroaki's Lab

【iPhone/iPad】充電に必要な電力の違い | TokyoHeadTerminal

ヨッピーさん。喧嘩ではなく議論がしたかったのに、喧嘩をふっかけてしまってごめんなさい

今回、ヨッピーさんとのやり取りが、なんでこんなにこじれてしまったのか、自分でも最初はよく分からなかったんですよ。あんな煽りタイトルを記事につけるつもりも無かったのに、つい感情的になって勢いでつけてしまった。

 

僕のブログ記事へのコメントで、非常に的確に指摘してくださった方がいます。

たけだ さん

「自分もヨッピーと公開議論したかった」→「でも、返信くれなくて不快だった」→「煽り気味に催促すれば、返信くれるかな?」→「返信くれた!メッセンジャーなのは残念だけど、議論できたのは良かったー!」→「あれ?違う人は公開議論してる!」→「自分はなんで、オープンじゃないの?不快!」
読者としては上記のように読み取れました。
いや、違うよ、と思うかもですが、そう思うかもしれないと、承知でコメントしています。
自分の感情を尊重することはもちろん大切ですが、相手の感情も尊重してさしあげることも大切だと思います。
ちょっと議論へのアプローチの仕方が、建設的でなかったのではないでしょうか。
後腐れなく、業界の為にお互いを高め合えるような関係性で、場が納められると良いなと思います。

 

この指摘は、かなり近いと思います。

というか、プライドを捨てて言うならば、そのまんま正解です。

続きを読む

ヨッピーさんは、なぜ[PR]をタイトルに入れたくなかったのか?

※タイトルが刺激的すぎるという意見があったので、変更しました(旧タイトル「相手を見ながら喧嘩するヨッピーさんは、なぜ[PR]をタイトルに入れたくなかったのか?」)。

 

※この記事の続きを書きました。 

okayasu.hatenablog.jp

 

Facebook上での宮脇さんとおおつねさんとの論争に端を発した記事( 記事タイトルに「PR」って入れるかどうか問題について - ヨッピーのブログ )をヨッピーさんが書いた後、なんだかんだあり、shi3zこと清水亮さんが謎の自爆( どうもヨッピーさんとノオトに対して多少の誤解があったらしいので論点整理 - shi3zの長文日記 )を遂げるまでの期間に、ネットの裏側ではこんな論争も起こっていました、という記録です。

続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...