モフモフ社長の矛盾メモ

ヒゲとメガネとパンダと矛盾を愛するアーガイル社のモフモフ社長が神楽坂から愛をこめて走り書きする気まぐれメモランダム

ヨッピーさん。喧嘩ではなく議論がしたかったのに、喧嘩をふっかけてしまってごめんなさい

今回、ヨッピーさんとのやり取りが、なんでこんなにこじれてしまったのか、自分でも最初はよく分からなかったんですよ。あんな煽りタイトルを記事につけるつもりも無かったのに、つい感情的になって勢いでつけてしまった。

 

僕のブログ記事へのコメントで、非常に的確に指摘してくださった方がいます。

たけだ さん

「自分もヨッピーと公開議論したかった」→「でも、返信くれなくて不快だった」→「煽り気味に催促すれば、返信くれるかな?」→「返信くれた!メッセンジャーなのは残念だけど、議論できたのは良かったー!」→「あれ?違う人は公開議論してる!」→「自分はなんで、オープンじゃないの?不快!」
読者としては上記のように読み取れました。
いや、違うよ、と思うかもですが、そう思うかもしれないと、承知でコメントしています。
自分の感情を尊重することはもちろん大切ですが、相手の感情も尊重してさしあげることも大切だと思います。
ちょっと議論へのアプローチの仕方が、建設的でなかったのではないでしょうか。
後腐れなく、業界の為にお互いを高め合えるような関係性で、場が納められると良いなと思います。

 

この指摘は、かなり近いと思います。

というか、プライドを捨てて言うならば、そのまんま正解です。

 

最初、僕は「記事広告のタイトルにPRと書くべき問題」について、みんなで異なる意見を戦わせる「公開議論」に参加をしたかった。だから、ヨッピーさんがリプライで反論して来た時に、これはチャンスだと思ったわけです。

 

僕は、相手が親しい人でも知らない人でも、ブレストやディスカッションやディベートで異なる意見をぶつけ合い、新しい視点を導き出すような議論をすることが好きです。人は全員意見が違うのが当然だし、どれかに統一する必要もない。ただ議論を続けることで様々な人の意見に触れること、それ自体が重要だと思っています。 

ただ結果的に今回は、単なる喧嘩腰の議論強制になってしまった。

最初はその理由を、ヨッピーさんがハナっから僕をクレーマー扱いして、喧嘩相手を諌めるみたいな不愉快な接し方をして来て、議論にもまともに乗ってこないからだ、と思って憤っていたんですよ。向こうからリプライして来たのに何だよ、と。個人的にはオープンな場での議論にしたかったのに、1対1のメッセンジャーに誘導されて「喧嘩っぱやい人と思われたくないので、こちらで」みたいなこと言われた時点で、腹が立っていましたし……。

が、よくよく考えてみると、ヨッピーさんからの返事が来るのを待てずに(議論のテーブルに乗って来てくれないのを恐れて)「反論マダー? 他の有名人とは議論しても俺とは議論しないの?」的な煽り文句を(いつものはてなブックマークコメントのような雑なノリで)投げかけたのは、自分でしたね。そんな煽りをしても、議論する気が無い人が、まともな議論のテーブルに乗ってくれるわけがないのに。

メッセンジャーでやりとりをした翌日、有名人の清水氏のブログに対して、今度は公開の場での反論をしていたヨッピーさんを見ました。しかも、清水氏の指摘する(その点だけは鋭い)PR問題の話には触れずに、ひどい言いがかりの部分にだけ反論している。それを見て、本丸の「PR問題」の議論には自分が切り込まないと、ここで大勢が決まってしまう、と勝手なことを思ってしまったわけです。それが、ブックマークコメントで煽ったり、前回のブログを公開した理由でした。

 

前のブログ記事のタイトルにも知らず知らずに「議論」ではなく「喧嘩」って言葉を入れちゃってたのは、冷静になったら自分でもびっくりして、いつになく感情的になっていたことに気づきました(そして、タイトルを変更しました)。

自分は公開議論がしたかっただけなのに、議論をしているつもりで「議論に乗って来いや!」という喧嘩をふっかけちゃってたんだな、とようやく気づきました。なんか、一緒に遊びたいのに誘い方がわからず意地悪をしちゃう性格の悪い子供みたいですよね。

 

今回の流れで僕が言いたかったのは、以下の内容だけ。他は、瑣末な問題です。

「記事を開く人の誤認を招くのに、記事広告のタイトルにPRをなぜ付けたがらないのか? たぶんヨッピーさん自身の記事はタイトルに[PR]をつけてもPVはそんなに減らずに生き残るだろうけど、後発のライターが苦労するから、育ちつつある市場を守りたいという意図があるのではないか? でも、ヨッピーさんのように面白い記事広告が書ける人が率先して[PR]という言葉をつけて、PR記事のイメージ自体を良くしていった方が、後々は業界のためになるのではないか」。

僕は、ヨッピーさんのことはライターとして尊敬しているし、彼の書く記事もだいたい好きです。ただ、このまま誰も反論できない権威になってしまうのではないか、という懸念を抱いてしまった。でもそれは僕の役割じゃないし、完全に余計なお世話でした。

 

僕は記事広告についての専門家ではないので、PR記事のタイトル問題について(自分が言いたいことは既に書きましたし)これ以上は発言しませんが、「記事広告についてはヨッピーの言うことが常に正しい」「いやヨッピーは間違っている」「ヨッピーに素人が反論するとヤバい」というような思考停止ではなく、きちんとした(内容と品性を両立した)議論が今後も続くことを期待しています。

また、今後は誰かと議論したい時は、その人が喜んで議論したくなるような関係性や立場になってから、友好的に節度を保って議論をしたいと思います。そんなこともわからず、お恥ずかしい限りです。

このたびは、ヨッピーさんを失礼な言葉で煽ったこと、議論を強制しようとしたこと、また皆様をお騒がせしたことを、深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

以上です。

 

※残りのメッセンジャーでのやりとりは、公開の約束をしたものですので、文末に載せておきます。公開に至った経緯もここでわかるかと思います。

f:id:shields-pikes:20170610012032p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121105p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121047p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121124p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121150p:plain

 

f:id:shields-pikes:20170610120912p:plain

f:id:shields-pikes:20170610120350p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121306p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121330p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121345p:plain

f:id:shields-pikes:20170610121358p:plain

ヨッピーさんは、なぜ[PR]をタイトルに入れたくなかったのか?

※タイトルが刺激的すぎるという意見があったので、変更しました(旧タイトル「相手を見ながら喧嘩するヨッピーさんは、なぜ[PR]をタイトルに入れたくなかったのか?」)。

 

※この記事の続きを書きました。 

okayasu.hatenablog.jp

 

Facebook上での宮脇さんとおおつねさんとの論争に端を発した記事( 記事タイトルに「PR」って入れるかどうか問題について - ヨッピーのブログ )をヨッピーさんが書いた後、なんだかんだあり、shi3zこと清水亮さんが謎の自爆( どうもヨッピーさんとノオトに対して多少の誤解があったらしいので論点整理 - shi3zの長文日記 )を遂げるまでの期間に、ネットの裏側ではこんな論争も起こっていました、という記録です。

 

最初に断っておくと、僕の主張は某清水さんのようなトンデモ感やツッコミどころは少ないのでネタ的には面白くもないし、メッセンジャー履歴を公開したからといって、ヨッピーさんが裏で隠れて極悪なことを言っていたわけでもありません。

ただ、僕をエゴサで見つけて一方的に話しかけて来たヨッピーさんに反論したら、なぜか途中から議論場所として誘導されたFacebookメッセンジャーで、おっさん二人が『PR問題』について議論をしている全過程のログのキャプチャが載ってるだけの地味な記事です。

もともと公開するつもりも無かったんですが、「もう表立った喧嘩はこりごりだから、メッセンジャーでやりたい」的なことを言ってたヨッピーさんが、その翌日には『有名人、かつ勝てそうな相手、かつ丁度いいスケープゴート』と見たのか(これは推測ですが)、清水さんには公開の場で喧嘩腰になって真っ向から反論してたのを見まして。ああ、この人は直情型の熱血漢ではなくてクレバーに相手を見てから勝てる喧嘩だけをする人なんだな、と思ったので、そうブックマークコメントに書きました。

すると、ヨッピーさんから

「もう公開したけりゃ公開すればいいですよ。」

さらには

「てか、僕がこのやりとり含めてブログに書くかもしれません

こういう言われかたするのは不本意ですし」

という言葉を昼頃にいただいたので、今か今かと全裸ブログ記事の全裸アップを楽しみに待っていたわけです。でも本日夜、清水某氏が再度ブログを書き、派手に爆散謝罪した結果、なぜだか未解決の「PR記載問題」まで有耶無耶な感じで、これで双方手打ちみたいなムードになって来たので、こりゃヨッピーさん今からブログ書いて蒸し返すメリット無いな、と思ったので、自主的に僕の方で公開することにした次第です。

以前にお会いした時、自己紹介がてらに「はてなブックマークのヘビーユーザーです」と話したら「僕、はてなブックマーク大嫌いなんですよね」と速攻で返して来たヨッピーさんを、さらにはてブ嫌いにしてしまったかな、と思います。

 

以下、今回のすべての顛末の記録です。 

よっぴーさんの記事に、モフモフが書いたブックマークコメント(ブコメ)。

記事タイトルに「PR」って入れるかどうか問題について - ヨッピーのブログ

ヨッピー記事は読みやすくて好きだが、これは賛同できない。PRページに誘導して閲覧させる行為自体が、既にPVや露出という価値をサイトや広告主に付与する経済活動だから、クリック前に明示しないと優良誤認でしょ。

2017/06/07 01:08

このブコメTwitterに同時投稿したものに対して、ヨッピーさんがエゴサで見つけたらしく、直接反論リプライが来ました。

 

 

返事がなかったので、こういうブクマをしてたのが、ムカついたようです。

広告記事のタイトルには【PR】を入れるべきだと思う - サイトとアプリ運営に関するメモ的なブログ

ブコメの意見に対してヨッピーさんからTwitterで反論が来たので、また反論したけど、まだ返事がない。 https://twitter.com/shields_pikes/status/872125782528634880

2017/06/07 10:27

やまもといちろう 公式ブログ - タイトルに「広告」と入れるとアクセスが減るので困るという話 - Powered by LINE

なぜ、みんなが【PR】付きの記事を読みたがらないかというと、PR記事は9割がた面白くないと過去に読んだ経験で学習してるから。ヨッピー氏が今やるべきなのは「PR記事にも面白い記事はあるよ!」という啓蒙なのでは。

2017/06/07 13:09

 

Facebookで」というので、てっきりおおつねさんの時のようにコメント欄で公開議論するのかと思って、書き込む先の記事を探してたら、速攻でFBメッセンジャーに連絡が来たので「そっち!?」と思ってビビりました。どうしても、表立ってやりたくなかったようです。

以下、メッセンジャーでのやり取り全文です。

最終的にヨッピーさんから、全部公開していいと言われています。
ちなみに、ヨッピーさんとは、過去に2回ほどお会いしてお話したことがあり、Facebookでもつながっていましたが、大勢が参加するイベントでの挨拶だったので、おそらく覚えてないと思います。

 

f:id:shields-pikes:20170610011227p:plain

f:id:shields-pikes:20170610011251p:plain

 

キャプチャが多くて重いので、「続きを読む」をこの位置に入れておきます。

この話題に興味がなく、ギガを減らしたくない人は、退散してください。

続きを読む

マストドン(mastodon)mstdn.jp 第1回 非公式オフ会について

マストドンjp・第1回 非公式オフ会を本日勝手に開催します。
#mstdnjpoff0413

f:id:shields-pikes:20170413182337p:plain



先週、ドイツの若者によってリリースされたばっかりの、マストドンというオープンソースのTwitterっぽい新サービスの(たぶん日本で最初の)ユーザーオフ会を勝手にやります。

突発的に今夜やることにしたので、来れる人は来てください。

 

モフモフのアカウントはこれ。

mstdn.jp

 

個人的に、マストドンには、かなり可能性を感じます。というよりも、いざという時にTwitterの代替となり得る可能性を持ったサービスが初めて現れた、という点で。マストドンは、オープンソースのプロジェクトで、有志が勝手にサーバを立てて運用する仕組みです。しかも、異なるサーバ間でもフォローし合える。

今までのTwitterクローンは、どこかの企業や個人の運営元だけが公式サーバを管理していて、爆発的にユーザーが増えた時の持続可能性がなかったんですよね。

 

www.huffingtonpost.jp

 

まだ、ユーザー登録してない人はこちらの鯖がおすすめです。

日本人向け https://mstdn.jp/

 

オフ会について

日時:4月13日(木)20時〜23時
場所:飯田橋駅から徒歩7分
 アーガイル株式会社 オフィス(狭いYo!)
地図: https://goo.gl/maps/fYLinfpyVUo

※参加費:無料
※ビールとサワーあります(雨で花見できなかったので大量に)。
※食べ物は持って来てください。コンビニ近くにあります
ファミコンミニクラシックあります。
※人数が増えすぎたら、近くの居酒屋(飯田橋 竹子)に移動します。

竹子についてはこちら

竹子、好きだ。 - モフモフ社長の矛盾メモ


※飛び入り参加でもOKですが、よかったらmastdon上で 
#mstdnjpoff0413 ハッシュタグで、参加表明よろしくー。

 

マストドンのサービスについては、後日ブログを書きます。

 

P.S.

とりあえず、おっさん10人以上でめっちゃ盛り上がった。インターネット老人会だった。

f:id:shields-pikes:20170413234325j:image

竹子、好きだ。

ども、モフモフです。

もうこれからは、普段から超気楽にブログを書くことにします。

 

今日は竹子の話。

 

さて、先日このブログでも告知したソーシャル花見フェス

b.hatena.ne.jp

ですが、去る3月31日(金)に、無事に開催されませんでした!! えっ、されませんでした!?

なんかね、数日前からね、いやぁな予感がしてたんですよ。こうね、猫のヒゲがビリビリしてるというかね、低気圧なんですよ。いやだなぁ、これなんか降るなぁ、って思ってたら、案の定、雨天につき花見中止。

過去8回の歴史の中で、お花見の開催前に中止したのは初めてですよ! でも、昼のうちに中止を決断して準備したので、混乱することもなく代替プランで実施できました。

 

【代替フェスプラン】

  • 一次会:「飯田橋 竹子」で、普通に居酒屋飲み
  • 二次会:アーガイルのオフィスでゲーム大会(花見用に買った酒が飲み放題)

 

結果的に人数は減ったけど、かなり盛り上がった!

f:id:shields-pikes:20170403192945j:image

 

この一次会の竹子がいい店でね。飯田橋や神楽坂に在住、在勤の人なら、誰もが愛している「竹子」(姉妹店は神楽坂駅前の「竹ちゃん」)。

居酒屋竹子

食べログ居酒屋竹子

独特なテイストのPowerPointで作られた1枚の紙メニューがチャームポイントだったのに、最近は妙に張り切ってタブレット型の注文端末を全席に導入しちゃったし、こないだ店に入ったらPepperくんが出迎えてくれて、何を突然IT化しまくってるんだよ、という「竹子」。

f:id:shields-pikes:20170403201752j:image

調べたら、竹子や竹ちゃんと同系列のグループをまとめたブログがあった。判断する目印はパワポで作られたメニュー。店に入らないとメニュー見れないから、目印にならないか。

f:id:shields-pikes:20170403201933j:image

 

そもそも、元は3階建ての巨大な演芸場だか料亭だかだったのを(竹子の詳しい歴史を軽く調べたけど出て来なかったので、知ってる人は情報求む)、平日なら180円でビールが飲める巨大な箱の安居酒屋として、(モフモフが知ってる限り)10年以上前から使ってるので、入り口が石畳だったりして妙に格式高くて初見の人は必ずビビる「竹子」。

ちなみに、イベント会場に使われることも多くて、寄席をやってたり、着物フリマをやってたりする竹子。

 

竹子に行くとほぼ必ず頼むのが、「ポテト明太チーズ」という名称からして美味いことが確定している業の深い食べ物と、トロたくの細巻き。この2つは外せない。

ちなみに神楽坂あたりだと、「ちょうちん」という素敵な居酒屋があって、そこも好きなんだけど、そこでもモフモフはトロたくを頼みがち。一応説明しておくと、トロとたくあんの海苔巻きのことね。ちなみに「ちょうちん」では、手で巻いて食べます。

ごめん、少しちょうちんに浮気した。今日は竹子の話ね。

竹子のいいところは、超でかい箱だから、いつ行っても何人いても、ほぼ確実に入れること。金曜とか忘年会シーズンは厳しいけど、平日夜とかなら30人とかでいきなり押しかけても入れたりする。しかも、飲み放題に簡単な料理がついたコースとかで2000円とかだから、とても優しい。途中からガンガン人が増えても対応してくれる。

そして、朝までやってるから始発を待つときや、一人で夜中に飯を食うときにも使える、居心地の良い空間。神楽坂の住人同士でサシでテキトーに飲む時とかも、ほぼ自動的に竹子か加賀屋になることが多い。

こういう広い意味ではチェーン居酒屋ではあるんだけど、いい店(チェーン店の中でも、特にこの地域の店舗が好き)って店ってあるよね。

竹子、好きだ。

  

二次会のアーガイルのオフィスでのゲーム大会については、おっさん世代とゲームとの関わりについて、思うところが色々あったので、また別の機会にブログに書けたら書きます。

あと、大量にオフィスに酒が余ってるので、なんか飲みつつ楽しむイベントやるかも。ブレスト大会とかカタン大会とか。希望者がいたら、ぜひコメントなりTwitterなりなんなりで、ご連絡を。

twitter.com

それでは、またー。

「ソーシャル花見フェス*2017」と「エビ総選挙 2017」キャンペーンのお知らせ

ども、モフモフです。ひさびさのブログ更新です。
ひさびさなので、まずは告知から。

「ソーシャル花見フェス*2017」

明日、3月31日(金)19時から、飯田橋でやります。
酒(ビール・チューハイ)と乾き物は、アーガイル(僕がやってる会社)が持ちますので、食べ物を持ってきてね。参加費は500円だけど、その全額を東日本大震災日本赤十字義援金に寄付してます(たしか今年で6回目)。


はてな民でも、ひとりでも100人でも、誰でも来てねー。
ちなみに去年のフェスでは、はてな人口は3〜4人くらいでした。

詳細はこちら。

アーガイル presents ソーシャル花見フェス*2017

f:id:shields-pikes:20170330204018p:plain

 

次に、アーガイルは、こんな活動をしてるよ、というお話。

芝桜まつりの10周年企画なのに、芝エビと桜エビが戦うという、エビしか出て来ないキャンペーンのコンテンツ企画をやりました。クライアントの富士急行さんが一任してくれたのをいいことに、僕が好き放題に作りました。小ネタ多めです。


面白かったらブクマとかシェアとか投票ツイートとかしてくださいな。

富士芝桜まつり10周年記念「芝エビ VS 桜エビ」エビ総選挙 Twitter投票キャンペーン

f:id:shields-pikes:20170330204350p:plain

 

 

こういう振り切った企画は、クライアントの担当者の方が面白さだけを追求して、こちらを信じて任せてくれるかどうかが鍵なので、本当に好き放題やらせてもらって、ありがとうございました。

 

ブログ、書かないと本当に書かなくなるから、たまには書くぜ!

 

書きたいと思ってるネタ

それじゃ、また近いうちに。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...